ブログの始め方から稼ぐまでの道のり

けってぃーブログ

WordPress

【WordPressの始め方】初心者が迷いなく始めるための全手順

投稿日:

ワードプレスの始め方

どうも!けってぃー(@kettyfree11)です!

今回は、

WordPressでブログを始めたいけど、何をどうすればいいか分かりません

という方に向けて、WordPressの始め方をイチから丁寧に解説していきます。

けてぃ猫
この記事を読めば、一切迷うことなくWordPressが始められるで!

【WordPressの始め方】基本はこの5ステップ!

WordPressは下の5つのステップを踏むことで、誰でも簡単に始めることができます。

  1. レンタルサーバーを契約する
  2. ドメインを取得する
  3. サーバーとドメインを紐付ける
  4. WordPressをインストール
  5. WordPressブログをSSL化する

とりあえず大まかな流れを把握できればOKなので、

「レンタルサーバーとドメインがあれば、無料でWordPressが始められる」

と思っていただければなと思います。

けてぃ猫
慣れてる人なら一連の作業を、15分から30分でできるで!

レンタルサーバーを契約しよう!

まずは、レンタルサーバーを契約しましょう。

と言っても、絶対に迷ってしまうと思います^_^;

なので、まずは各レンタルサーバーの特徴を知ることから始めましょう。

けてぃ猫
ズバリ、レンタルサーバーは何を重視するかで選ぶべし!

おすすめのレンタルサーバー3社

僕はこれまで、6つのレンタルサーバーを使ってきました。

それぞれを使ってみた僕個人の感想が以下になります。

エックスサーバー:とにかく人気があるし高機能。

mixhost:スペックが高い割に、値段がリーズナブル。

ロリポップサーバー:月額500円とは思えないほど機能が充実してる。

ヘテムルサーバー:エックスサーバーでいいかな。

カラフルボックス:反映まで3日かかったことがあったのが心配。

さくらサーバー:サイトの表示速度が遅すぎる。究極に使いづらい。

僕はさくらサーバーを一番初めに契約したのですが、とにかく表示速度が遅くてイライラしてしまいました。

しかもサーバーとドメインの設定が難しすぎる!

初心者の頃はこういうものなのかと思っていましたが、次に契約したエックスサーバーを使って確信しました。

さくらサーバーだけはやめとけ」と笑

 

逆にそれ以外のレンタルサーバーはこれといって問題はないですが、

人気度
スペック
コスパ

を重視した場合は、下の3つのレンタルサーバーに絞られます。

サーバー会社 初期費用 月額 サイト数 表示速度 特徴
エックスサーバー 3000円 900円 50個まで 一番人気がある
mixhost 無料 880円 無制限 スペックが高い
ロリポップ 1500円 500円 30個まで 値段が安い

 

資金に余裕がある方は、サイト表示速度の速いエックスサーバーかmixhostがオススメ。

スペック的にはどちらも同じくらいですが、管理画面の使いやすさはエックスサーバーが断然上です。

僕なら間違いなく最初にエックスサーバーを契約します^^

 

「1年間で1万円も払えない」という方は、ロリポップのお手頃価格で始めるのも一つの手です。

エックスサーバーやmixhostには劣りますが、ロリポップで作ったサイトを遅いと感じたことは一度もありません。

管理画面も使いやすいですし、ブログに必要な機能は全て揃っています。

LOLIPOP(ロリポップ)で始める方へ

ロリポップでWordPressを始める方は、下の記事を参考にしてください。

【全手順】ロリポップサーバーでWordPressを導入するまで
【全手順】ロリポップサーバーでWordPressを導入するまで

どうも!けってぃー(@kettyfree11)です! 今回は、ロリポップサーバーでWordPressを始める手順を解説していきます。 サーバーというと難しく感じるかもしれませんが、全部真似してもらえれ ...

続きを見る

mixhost(ミックスホスト)で始める方へ

mixhostでWordPressを始める方は、下の記事を参考にしてください。

mixhostでwordpressをインストールするまでの手順
【超簡単】mixhostでWordPressを導入する全手順!

どうも!けってぃー(@kettyfree11)です! 今回は、mixhostでWordPressを使えるようにするまでの手順を解説していきます。 けてぃ猫画像モリモリで、分かりやすく解説してくでー m ...

続きを見る

xserver(エックスサーバー)で始める方へ

エックスサーバーでWordPressを始める手順については、この記事で解説していきます。

引き続き記事をお読みください。

エックスサーバーに申し込みをしよう!

エックスサーバーにお申し込み

まずは、エックスサーバーの公式サイトに行きましょう。

サーバーお申し込みフォームをクリックして・・・

エックスサーバーにお申し込み

10日間無料お試し新規お申し込みをしましょう。

エックスサーバーにお申し込み

サーバーID:エックスサーバーにログインするID。ブログに影響しないのでなんでもOK。

プラン:X10プランを選択。十分すぎるスペックなので、99%以上のブロガーがX10プランかと思います。

あとは名前や住所を入力していくだけなので、流れに沿って会員情報を入力していきましょう。

エックスサーバーの料金の支払い

エックスサーバーの料金の支払い

エックスサーバーに登録したら、お試し期間が終了する前に料金を支払う必要があります。

お試し期間が終了する前でも10日間は無料で利用できるので、エックスサーバーを利用していくつもりなら忘れないうちに支払っておくのがオススメです。

けてぃ猫
これでエックスサーバーの契約は完了や。

ドメインを取得しよう!

続いてドメインを取得していきます。

ドメインとはURLのことで、このブログでいう「kettyblog.com」にあたります。

僕はバリュードメインというドメイン業者を使っています。

正直言ってドメイン業者に違いはないので、お好みで決めればOK!

けてぃ猫
不安な人はバリュードメインを使って、けってぃーと同じ手順で進めてな。

独自ドメインの取得

バリュードメインに登録し終えたら、「ドメイン登録」をクリックしましょう。

独自ドメインの取得

お好きな文字列を検索してみて、ドメイン名が空いていれば購入しましょう。

ちなみに、運営者の名前やブログのタイトル名でドメイン名を決める人が多いですよ。

けてぃ猫
特に理由がなければ、「.com」が日本人に馴染み深いからオススメやで。

独自ドメインの取得

「ドメインを登録」をクリックします。

独自ドメインの取得

正常に登録できればOKです。

けてぃ猫
これでドメインの取得は完了や。

エックスサーバーにドメインを設置しよう!

次に、エックスサーバーに先ほど取得したドメインを設置していきます。

設置というと難しく聞こえますが・・・

エックスサーバー側とバリュードメイン側で、それぞれ少しの設定をするだけなので全く難しくありませんよ^^

ネームサーバーを変更しよう!

エックスサーバーに独自ドメインを設置

まずは、バリュードメインの「ドメイン設定操作」をクリックしましょう。

エックスサーバーに独自ドメインを設置

これまでにバリュードメインで取得したドメインリストが表示されるので、サーバーに設置したいドメインの「ネームサーバー」を開きます。

エックスサーバーに独自ドメインを設置

デフォルトではこのようになっているかと思いますが・・・

エックスサーバーに独自ドメインを設置

ネームサーバー1:ns1.xserver.jp

ネームサーバー2:ns2.xserver.jp

ネームサーバー3:ns3.xserver.jp

ネームサーバー4:ns4.xserver.jp

ネームサーバー5:ns5.xserver.jp

※コピペしてもOK

このようにネームサーバーを書き換えて、「保存する」をクリックしましょう。

エックスサーバーに独自ドメインを設置

「正常に変更しました。」と表示されればOKです。

これでバリュードメインで操作することは以上です。

エックスサーバーにドメインを設置しよう!

エックスサーバーとドメインを紐付け

続いて、エックスサーバーでドメインを設置していきます。

まずは、サーバーパネルにログインしましょう。

エックスサーバーとドメインを紐付け

右上の「ドメイン設定」をクリックします。

エックスサーバーとドメインを紐付け

「ドメイン設定追加」で先ほど取得したドメイン名を入力します。

無料独自SSLを利用する
高速化・アクセス数拡張機能を有効にする

の両方にチェックを入れておいて大丈夫なので、確認画面へと進みましょう。

エックスサーバーとドメインを紐付け

「ドメイン設定の追加が完了しました。設定内容は以下の通りです。」と表示されればOK。

けてぃ猫
これでエックスサーバーにドメインを設置することが出来たで。

WordPressをインストールしよう!

エックスサーバーとドメインを紐付け

WordPressのインストールは、先ほど同様サーバーパネルから行うことができます。

「WordPress簡単インストール」をクリックしましょう。

エックスサーバーとドメインを紐付け

ブログ名:あとでいくらでも変えられるので、今は適当につけても大丈夫です。

ユーザー名:WordPressログイン時のユーザー名を決めてください。

パスワード:WordPressログイン時のパスワードを決めてください。

メールアドレス:GmailでもOKです。

キャッシュ自動削除:ONにする

データベース:自動でデータベースを生成する

これらすべてを入力し終えたら、確認画面へ進みましょう。

エックスサーバーとドメインを紐付け

入力内容に誤りがなければ「インストールする」をクリックです。

エックスサーバーとドメインを紐付け

インストールが完了すると、管理画面URLからWordPressへログインすることができます。

さっそくWordPressへログインしてみてください。

エックスサーバーとドメインを紐付け

ただ、このように「無効なURL」と表示された場合は、設定の反映待ち状態です。

数分から数十分待って、もう一度アクセスしてみてください。

エックスサーバーとドメインを紐付け

WordPressのログインページはこんな感じ。

先ほど設定した「ユーザー名」と「パスワード」を入力しましょう。

エックスサーバーとドメインを紐付け

こちらの画面がWordPressの編集画面となります。

実際にWordPressで記事を書いたりすることも可能です。

けてぃ猫
これでWordPressのインストールは完了や。

WordPressをSSL化しよう!

SSL化とは「http」で始まるURLを「https」に変更することです。

「http」のままだとURL欄に「安全ではありません」と表示されるので、見栄えがめちゃくちゃ悪い!

さらにはグーグルもSSL化を推奨しているので、変更しない手はありません。

エックスサーバーのWordPressのSSL化

重要なことですが、SSL化自体はたったの10秒で終わります。

一般設定のWordPressアドレスとサイトアドレスに「s」を加えて「https」にするだけ!

これでエックスサーバーでWordPressを使えるようにする手順は終了です。

けてぃ猫
お疲れさん!

終わりに

無事にエックスサーバーでWordPressを始めることができましたでしょうか?

万が一、

途中で分からなくなった

書いてる意味がわからない

ということであれば、ツイッターにて僕にご相談いただければなと思います。

けてぃ猫
お気軽にツイッターのDMまで。

 

今回の記事に書いてある通りにすれば、WordPressを始めることはできるようになりました。

しかし、WordPressにはテーマやプラグイン、セキュリティ対策といったカスタマイズ要素があります。

なので、けってぃーブログのWordPressの記事一覧を通して、少しずつ知識を蓄えていただければ嬉しいです^^

また、「こんなことを記事にしてほしい!」というような要望があれば、遠慮なく言ってくださいね!

-WordPress

Copyright© けってぃーブログ , 2019 All Rights Reserved.